• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart
全てハンドメイドでお作りしております。出荷まで1週間ほどのお時間をいただいております。あらかじめご了承ください。

BLOG

2018/11/20 20:34

よく、お客様からドゥルージーやソーラークォーツについて


「この天然石は自然の色ですか?」

と聞かれます。

当店でお取扱いしている天然石は染めているものがほとんど。
天然石を染めるなんて!邪道だ!!

なんて声も聞こえてきそうですが、私はこれはこれでイミテーションでは無く、芸術とした切り口から見た
新しい天然石の形だと思っています。





特にソーラークォーツや瑪瑙は、染めることによって天然石の特徴がより鮮明に浮き上がります。

天然の美しさを楽しむだけでは無く、人間が手を加えることによって天然石の特徴を更に引き出して、それを楽しむという手法もありなのではないかと思っています♪


染めメノウという言葉をご存知ですか?

- - - - -

装飾品として用いる場合は鮮やかな色である事が大切です。なので、古くから装飾品や工芸品の分野では染めたメノウがよく使われてきました。 装飾品や工芸品の場合は、メノウはあくまで材料ですからそれを加工して美しく見せることが目的となります。

ですから天然の色をしていなくても問題はなかったわけです。

むしろメノウ愛好家の中には美しく染めたものでないと価値がないと思う人もいるくらいです。職人も装飾品に使って喜ばれるメノウを作ろうと染めるための技術を磨いて来ました。

ですから、メノウを染める事は「悪」ではなくて、必要なことだったのです。

同じ石を見ても、天然石愛好家と工芸品の愛好家ではまったく価値観が違うという事です。


- - - - -


水晶生活 さんのブログから一部抜粋させて頂きました。



天然石と言っても様々な切り口があって、そのままの鉱物としての形を愛好するのか、それともダイヤモンドやルビーのような天然石を宝として好むのか。


スピリチュアルな意味合いを込めて、パワーストーンとして崇めるのか。

工芸品として、手を加えた天然石を好むのか。


何が好きなのかは人それぞれだと思うのです。



だから、染めた天然石も1つの天然石の形として受け入れ、

そして楽しんでもらえると、また世界観が広がるのではないかなあと思いました。





あなたはどんな天然石がお好きですか?





E-mail:info@druzy.jp